効果的な広報ツールで提供する2つのチカラ

~企業・団体と報道関係者の情報マッチングサイト~

~報道関係者視点の広報活動のために~

プレスリリースプラットフォーム

他にはない 報道関係者専用のクローズドサイト

プレスリリースを
誰に届けていいか
わからない

プレスリリースの
ネタがつくれない

広く報道関係者に
プレスリリースを
届けたい

PR予算を
削減したい

低予算でメディア露出が実現する 広報活動支援システム

自社の広報力を
アップしたい

メディア露出の
ためのノウハウを
学びたい

広報戦略のための
手がかりが欲しい

報道関係者の
考え方を知りたい

ご利用のメリット
プレスリリースプラットフォーム
①広くプレスリリースを報道関係にアピール
②報道関係者が欲しい情報に応えられる
③報道関係者だけに向けた情報を公開できる
セミナー・勉強会
①広報初心者から上級者まで学べる
②メディアのキーマンの声が聞ける
③メディア露出のためのヒントが多数

報道関係者専用だからこそ、欲しい情報をリクエスト

企業からの一方的な情報発信だけでなく、 報道関係者から”今”探している情報が寄せられます。
リクエストに応えることで、パブリシティ獲得の近道に。

自社の広報力をアップして、効果的な広報活動を!

セミナー・勉強会を活用すれば、他社に差をつけられるメディア目線のプレスリリースの書き方や、
報道関係者との付き合い方を学べます。

利用企業の声

報道関係者の本音が広報戦略の手がかりに
プレスリリースプラットフォームの利用をはじめてから、 今まで付き合いのなかった媒体とも交流が始まりました。
メディアセミナー は本音が聞けるので、毎回大変勉強になっています。
どのように紙面や番組をつくっているのかを知ることで、 広報戦略の手がかりや付き合い方のヒントにしています。 人材サービス A社
記者の“欲しい”に応えて大きな反響
プレスリクエストボックスは記者が求めているものに対して的確に情報提供できるため、 無駄がありません。
当社は新聞のリクエストから社長インタビューが掲載になりました。
さらにそれを見たテレビ制作会社から問い合わせが入り、 人気の情報番組でも放送につながり、大きな反響となりました。 アパレル B社
記者に刺さるネタづくりを習得
BtoB企業のため、プレスリリースのネタづくりに困っていました。 勉強会ではどのようなネタに記者が反応するのか、思わず読 みたくなるタイトルのつけ方など、 実践的な内容でとても勉強になっています。
広報初心者でもわかりやすい、本ではわからなかったポイントを教えてもらい役に立っています。 システム開発 C社
自己流だったリリースが変わった
本格的に広報活動を開始するにあたり、メディアだけに情報を見てもらえることにメリットを感じて利用を開始しました。
いろいろな勉強会に参加して、これまで自己流でつくってきたリリースが変わり、成果が出る度に、 私自信の広報としての自覚と視点もブラッシュアップしています。 健康食品製造販売会社 D社
掲載されて社員のモチベーションもアップ
広報初心者のため、たくさんのプレスリリースを出すのは難しいのですが、 プレスリクエストボックスから記者が欲しい情報に応えて掲載を獲得しています。
特に、人の取材は掲載された社員のモチベーションが上がったり、 採用活動に役立ったり、リリースではできなかった成果が出ています。 教育コンサルティング E社
自社の広報活動を見直すきっかけに
PRPを導入したことで、 社内で当たり前のように行ってきた広報活動を見直す良いきっかけになりました。
記者目線でのプレスリリースの書き方や情報発信など、 勉強会やセミナーで改めて見直しています。
会には大勢の広報担当者が参加しているので、他社との情報交換にも役立っています。 食品メーカー F社

報道関係者の声

たくさんの情報をチェックできる
日々トレンドを把握するため新着リリース はウォッチしています。 1つのコーナーを つくるのに、3、4社の情報は必要なので、 たくさんの企業の情報が公開されているプレスリリースプラットフォームはとても便利です。
企画会議の前には必ずチェックするのが癖になっています。 テレビ情報番組 ディレクター
情報収集ツールとしてスタッフが使用
特集コーナーをつくるのにPRPは便利です。特集内容に合わせて、 時間がない中で情報を探すとき、幅広い企業の情報を見られるのはとても魅力です。
以前、急な取材対応も、リクエスト機能からスムーズに行うことができたので、 情報収集ツールとしてスタッフに使わせています。 テレビニュース番組 ディレクター
リクエスト機能でリリースになっていない情報も入手
大手企業から中小企業まで、 幅広く記事を書くため多くの企業の情報を収集しなければなりません。
PRPには、まだ知らなかった企業の情報が多いのがメリットです。
プレスリリースになっていない情報も、リクエスト機能を利用できるので重宝してい ます。 全国紙 経済部記者
企画に合わせた情報収集に便利
PRPには多岐にわたる業界の情報が集まっているので”ネタの宝庫”です。
毎号特集に合わせて情報を集めるのに苦労していましたが、 PRPを活用して企画に合わせた情報を広く探しています。
キーワードやカテゴリ毎の検索は、Webサービスならではの機能として便利です。 情報誌 編集者
新着リリースのお知らせから効率的に情報収集
日にかなりの数の記事を書いているので、多くの情報が必要です。
日々メールでお知らせされる新着情報からピックアップして記事を書いています。
少ない人数で記事を書いているため、 いかに効率的に良い情報収集をできるかが勝負なので助かります。 Webニュースサイト ライター
PRPは記者の可能性を広げてくれる
PRPは記者目線でサイトを運営している他にはないサービスだと思います。
企業からの一方的な情報発信ではなく、好きな時に情報収集できたり、 検索やリクエスト機能など、大変便利なツールで重宝しています。
PRPは記者の可能性を広げてくれる心強いサポーターです。 夕刊紙 記者

報道関係者の新規登録、利用促進のためにメディアキャラバン隊を保有
PRPの活性化に繋げています。

料金プラン

年間
960,000円(月額80,000円×12ヶ月)
※初回契約時のみ初期データベース登録料100,000円が別途かかります。
サービス内容
  • ・プレスリリースプラットフォームのご利用
  • ・PRPメディアセミナーへの参加(年12回)
  • ・各種勉強会への参加(毎週)